昨日の早朝のことです。

ベッドで寝ていると、どこからか日本語で叫んでる声が聞こえてきました。
「寝ぼけているのかな~???」と思いつつ、耳を傾けると、

「おーい。おーい。助けてー。助けてー。おーい。S.O.S.!!!」

びっくりして飛び起き、旦那を叩き起こしました。
ひたすら日本語で助けを求めていたので、きっと観光者だと思いました。
女性の声でした。
何か事件にでも巻き込まれたのかと、ハラハラしつつ、
あわてて外へ出て、声の主がどこにいるのか探しました。

彼女は私達の家の向かいの建物にいました。
なんと、エントランスドアとその外側に設置された門扉の間に
閉じ込められてしまっていたのです。
当の本人は大パニックに陥っていましたが、
取り合えず事件性はないようなので、ほっとしました。

こちらの建物のエントランスドアは
自動ロックがかかるようになっていることがほとんどです。
彼女が帰国の途につこうと、エントランスで扉を開けるボタンを押して
一つ目のドアを出たまでは良かったのですが、
二つ目の扉を開ける前にスーツケースを運んだり(扉の間には数段の階段がありました)
いろいろとやっている間に時間が過ぎてしまったようで、
再び二つの扉は閉まってしまったらしいのです。
外に出ることも中に戻ってもう一度ボタンを押すことも出来ず、
閉じ込められてしまったわけです。

8月のミラノ、しかも早朝ともなれば、人通りもなく閑散としています。
その建物の住民もヴァカンスに出掛けていたり、
たとえ在宅だとしても、知らない言語(日本語)で叫ばれても、
助けを求めているとは思わなかったのかもしれませんし、
寝ていて全く気付かなかったのかもしれません。(私達も本来なら爆睡している時間)
しかも彼女が泊まっていたのはB&Bの離れのアパートだったので、
そこにはB&Bの関係者すらいませんでした。

結局、彼女が前もって依頼しておいたタクシーの運転手と私達が駆け付け、
旦那が宿泊予約の控えから電話番号を見つけてB&Bに連絡し、
合鍵で扉を開けてもらうことで、一件落着。
(確認はしていませんが、彼女はややご年配の方で、相当パニック状態だったので、自分で電話をするということは不可能だったかと…)

それにしても朝っぱらから本当にびっくりさせられました。
みなさんも海外旅行などの際は、日本とは勝手が違うことも多々ありますので、
どうぞお気をつけくださいね。