ニースでのヴァカンス中、イタリアとの国境にあるマントン(仏)という町を訪れました。
ここに昨年、新しいジャン・コクトー美術館が出来たのです。
昨年の夏はまだ建設中だったのですが、個性的な外観はすでに見てとれました。
なので、とても気になっていたのです。
Durante la vacanza di Nizza, siamo andati a Mentone per vedere il nuovo museo di Jean Cocteau che è stato inaugurato l'anno scorso.
Nella estate dell'anno scorso era ancora in costruzione ma si vedeva già la forma particolare.
Perciò eravamo molto curiosi di visitarlo.

設計は2006年にグランプリ・ナショナルを受賞した
建築家ルディ・リッチオッティの手によるものです。
個性的な外観は、コクトーの作品からインスパイアされたもの、らしいです。
Il progetto da architetto Rudy Ricciotti, Grand Prix National d'Architecture nel 2006.
Dicono che la forma del'edificio enigmatica è stata ispirata dalle opere di Cocteau.

内部は展示内容を重視したような真っ白な空間で、いたってシンプル。
後で知ったのですが、内部デザインはエリザベート・ド・ポルザンパルクという
別の建築家(夫はやはり建築家のクリスチャン・ド・ポルザンパルク)が手掛けていました。
あいにく南仏の強い日差しに展示品が傷んでしまうためか、
ガラスの一部はカーテンで閉められていましたが、まぁ、それは仕方ないですよね。
Lo spazio interno è bianco e semplice, forse per far vedere bene le opere.
Ho saputo dopo che il progetto d'interni è di un altro architetto,
Elizabeth De Portzamparc, è la moglie di Christian De Portzamparc.
Purtroppo una parte della copertura in vetro era chiusa con la tenda per preservare le opere dagli intensi raggi solari della cote d'azur... ma pazienza.

コクトーの美術館はマントンにはもう一つあります。
『要塞美術館』と呼ばれるこちらの美術館は
晩年のコクトー自身が修復と装飾の指揮をとったものです。
小さな空間ですが、細部にいたるまでよくデザインされた美しい美術館でした。
A Mentone c'è un'altro museo di Cocteau, più vecchio.
Questo museo, si chiama "Musée du Bastion", Cocteau stesso ha presieduto il restauro e la decorazione di questo museo.
E' un piccolo spazio ma bellissimo.

さて、このマントンという町。
Basilica San Michelや市場など見所もたくさんあって、
のんびり散策しても楽しかったです。
夏休みの間だけなのかいつもなのか分かりませんが、イタリア人でいっぱいでした。
フランス人よりもイタリア人率の方が高いような…。
A proposito, questa città è molto carina, ci sono tanti posti da vedere (Basilica San Michel, il mercato e ecc...), ci siamo divertiti a fare una gita.
Non so se solo durante estate o no, ma c'erano un sacco di Italiani (sembravano più dei francesi...), non mi sentivo di essere in Francia!!!

link: musée Jean Cocteau collection Séverin Wunderman